FC2ブログ
田上自動車学校教習生日記
教習レポート日記!只今教習中の田上自動車学校教習生が日々つれづれなるままに田上自動車学校でのリアルな体験をご紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星と星座byごりゅうのアルファロメオ3号
12日目。

銀河ほどある巨大な時計。
内部を覗くと星の数ほどの歯車。
大小さまざま、
色も鮮やか。
だけど何だかバランスが悪い。
中央部は重要なのか、
まるで地図の黄河に星座を全部並べたように歯車が集中してるから、
噛み合わせが悪く「ぎしぎし」してる。
精密に見えてその実非常に無駄な作り。

反対に、
周辺部は大事な箇所ではなさそうだけど、
こちらは都会の夜空で相棒を探してる星座のようにまばらな歯車で、
衛星みたいに「くるくる」回る。

装飾だけ見れば、
エレクトリカルパレードよろしく華やかだけど、
強度としては、
その偏り具合からいつ壊れても不思議ではない“Rolax”。

さて、
この訳あり商品を再生させるために星の数ほどの時計の匠登場。
匠はトンカチを手に取り、
時計に向かって正面から降りおろし始める。
周辺部の歯車は衝撃を受けて回転中止。
一方、
中央部は隣接する歯車と力を分散させることでなんとか耐え抜いたものの、
完全に噛み合わせを失いこれまた回転中止。
もちろん、
時計の針は歩みを止める。
匠は言う。

「これが現状です」と。

中央部の歯車だけでは複雑に絡みあい重くなり過ぎたお互いを動かせない。
周辺部の歯車がストレスなく回ることで、
中枢を動かす力になるのだと。

匠はそう言うと、
中央部の歯車の位置を見極めながら無駄な部分を取り出していく。
そうして周辺部へと散りばめていく。

1つずつ取り出して…

1つずつ散りばめて…

すると、
動きの軽くなった中央部はまた回転を始め、
止まっていた周辺部も新しい歯車の力を借りながら息を吹き返す。

あるべき姿を取り戻したその時計の美しさは、
まるで新潟の星空のようだった…とさ。


さぁ、
自動車のじの字も出てこない3号のブログは多分最終回。
軽い調子がポリスィーの3号も今回ばかりは困り果て…

当事者でない限り傍観者。
雷が目の前に落ちて初めてその眩しさを知る。
だけど、
それじゃダメだろう。
今光ってる自分が、
星座として機能しているか。
ピースを待ってる星がそこにあるはず。
うーん、
何ができるかな。
日々是模索だす。

それでは、
いつかまたお会いしましょー。
交差点で出くわした日にはアイコンタクトで。

ばいきゅ~。

2009042119330000.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tagamids.blog.fc2.com/tb.php/91-90c9fb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田上自動車学校

Author:田上自動車学校
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。